perspective

建築パース・土木パースから店舗・景観・広告等の各種パース・イラスト制作
用途に合ったCGパース作成・高いモデリング・レタッチ技術・建築3Dパースデザイナー上級パース制作事務所工房ワークショップ
このページは、パースを見る角度(アングル)の選定方法を掲載してあります。

tel 0854-37-0864 fax 0854-37-0865

ミナオレンダリングは完成予想図や、専門家でないと理解できない図面や資料を普通の人も分かるイラストにする仕事をしています。

  1. トップ
  2. アングルの決定

アングルの決定

どの方向から見た絵にするかは、発注者様にとってとても重要です。

パースの良し悪しは構図で決まります。目的に沿うアングルを選びやすく提供します。

方向がほぼ決まっている場合はそれに基づいて作図いたします。

3DCG使用の場合

3DCGの出力画像

3DCGの出力画像

 通常パースとスケッチパースは、ある程度形状ができあがったところで、Eメールでいろいろなアングル画像をお送りしますので、作品にするアングルを選んで頂きます。

注)レタッチ作業に入った場合アングルの変更はできません。


 3Dモデリングは、希望に添えるようその都度沢山のアングルを出力します。(最終納品画像はそれを大画像レンダリングします。)


 制作作業中お送りする画像は、主に1170px × 828pxです。プレゼンなど資料作成で大きな画像必要な場合、ご希望に添います。

上記はいずれもレイトレーシングによるレンダリング画像です。色は正確ではありませんのでご容赦願います。内観の場合、照明は未設定です。

写真合成の場合

CADによる合成作業

CADによる合成作業

CADに写真を取り込み透視図法により位置決めします。

写真自体が歪んでいますので何枚かに分けて撮影してPotoshopで合成写真をつくります。


当方で写真撮影をする場合は、おおよその位置だけ指定願います。

現場により合成不可能な場合や撮影困難な場合があります。


撮影が困難な場所で、背景がほぼ撮せた場合レタッチにより仕上げます。(CG通常パースになります。)

たとえば建設予定地の前に木や建物があり、予定地に入ると背景になる風景が写せるとかです。


下絵またはモデリング制作後、Eメール等でチェックして頂きます。

注)レタッチ作業に入った場合アングルの変更はできません。

2DCG・手描きの場合

形が見えてきた3D形状

形が見えてきた3D形状

 CGスケッチパースはおおまかな形状をつくってアングル・構図を探しその画像をお送りします。


 イラストなどでパースが必要なときはワイヤーフレーム形状から描き起こします。


下絵・線画が描き上り次第、画像をお送りし、チェックして頂きます。

自作3Dソフトを使った場合

F-BASICで作った3DW

BASICで作ったパースソフト

ミナオレンダリング原点の作業内容ですが、現在はほとんど使っていませんので参考です。

自作ソフト(非売品)で理想のアングルを探します。

その構図をプロッタで出力したものをFAX・Eメールで送りし確認して頂きます。数アングルの中から選ぶのは同じです。3Dのレンダー画像が当たり前になった現在、ワイヤーフレームから出来上がりの絵を想像するのはかなり難しいです。

構図決定後、下絵を描き、送信しチェックして頂きます。チェック後着彩します。

このページのはじめに戻る