perspective

建築パース・土木パースから店舗・景観・広告等の各種パース・イラスト制作
用途に合ったCGパース作成・高いモデリング・レタッチ技術・建築3Dパースデザイナー上級パース制作事務所工房ワークショップ
このページは、打合せや連絡等で使うパース用語を説明してあります。

tel 0854-37-0864 fax 0854-37-0865

ミナオレンダリングは完成予想図や、専門家でないと理解できない図面や資料を普通の人も分かるイラストにする仕事をしています。

  1. トップ
  2. パース制作用語集/パース用語

パース制作用語集

ミナオレンダリングがよく使う用語です。((注)ローカル解釈ありです。)



パース用語


目線

地面や床から1.5mの高さから見たパースです。
(1.5mというのは立ってる人間の目の高さです。)

インテリアパースは床から1.2mにしています。(椅子に座った高さです。)0.9mとかもありです。

(目線パース・アイレベルといった場合、上記が標準の視点の高さとしています。)



鳥瞰図

鳥や飛行機から見下ろしたようなパースです。

(制作時間が数倍かかります。)

俯瞰

小高い位置からみたアングルです。

(真上からという意味もあるようですが上記の鳥瞰図より低い位置からの鳥瞰図です。)

(背景が高い視点の鳥瞰図より難しいです。)

仰観

下から仰ぎ見るような構図です。

(高層ビルとか橋とかに使うアングル・三消点パースなどがこれです。)

アングル画像

パースの方向とおおまかな構図をとらえた画像です。

(パースを仕上げるにあたって3DCGで作成してお送りしています。)

水平線(HL)

視点の高さです。

海がなくても水平線を設定するのがパースです。

消点(VP)

パース上の平行線が交わる点です。消失点とも言います。

地面に平行な線は水平線の高さで交わります。

一消点パースの場合は芯点(CP)と言います。

パースライン

消点に向かう直線、あるいは 消点からのばした直線です。

CG用語も掲載しています。

このページのはじめに戻る